子どもが安全とは限りません

育ての究極の目標ともいえます 家庭を大切にする母親の悲愴な叫びでもあったのです。しかし、教師にはそれがわからなかったようです。あるいは母親の思い上がりと感じたかも知れません。学力偏重で詰め込み主義の現在の学校教育からの圧 […]