育児はそれをどのようにしてすくなくして行くか

子どもたちの成長に寄与しているとは言えませんよねだから

秋葉原で起きた連続殺傷事件などの通り魔事件を起こす犯人は、例外なく孤立した存在でした。他人に現実感を感じられなくなってしまえば、殺人はゲームと同じになってしまいます。また、恋人同士が手を繋いだり腕を組んだりして歩くのは、現実で有る事を確認しているとも言えるのです。夫婦間でも会話やスキンシップの減少は夫婦関係の冷え込みを招きます。相手を触れば、暖かさや柔らかさを感じます。その暖かさや柔らかさが、そのまま相手に対する認識に影響を与えているのです。神経ネットワークは使わなければ失われて行きますので、夫婦間のスキンシップが減れば相手に対する感情も薄れてしまうのです。更に忙しさ等で笑顔が減れば、関係悪化に拍車をかけてしまいます。監視されていると言う被害妄想で私の所に相談に来る人に、時折する事があります。「街で偶然、昔仲の良かった人に10年ぶりに出会った」と言う想定で、最初は相手の目を見ずに「久しぶり」と言って、その時の感想を聞きます。

  • 育てなければならないと言って
  • 教育のおくれがあらわれている
  • 子どもが育っていくうえでは

しつけをあきらめる!

あくまでも、父親とは家庭ではセーフティネットのようにあらねばならないということだ。常日頃その存在が表に出ている必要はないが、家族全員がその存在に安心しているものでなければならないのだ。夫の精神性が子どものままでいるのも健全な家庭とは言えない。それを見て育つ子どももまた、健全な男女関係を築くことはできないだろう。夫の精神性が子どものままでいると、極端に嫁に甘えてしまったり、逆に嫁や子どもを強く支配しようとし始める。
幼児が乳幼児期のうちにこの心さえ育てば脳
どちらも、夫婦で力を合わせるという形にはならない。大切なのは、父親と母親がそれぞれの役割を意識した上で力を合わせて、助け合って子どもを育てていることなのだ。そうすることで、子どもは健全に育つのだ。健全に育つことができなければ、いくら頭が良くても、スポーツができても意味がない。他人を不幸にするような人間に育ててしまっては意味がない。育てるための刺激の出番です

育ててもらえる環境にありました

どれほど努力しても、まだまだ、らない。つねに百点をとっていない限り、いつも罪の意識からのがれられないダメだと思わなくてはな百点主義から見れば、三十点しかとれないような生徒はとんでもない劣等生となる。生徒のために、落ちこぼれという専門語?が用意されている。このごろは、三十点、二十点しかとれないこどもだけが落ちこぼれなのではない。七十点とっていても、百点はとるべしという原則からすればやはり落ちこぼれである。育てるための刺激の出番です

育てるための刺激の出番です

九十点だって、十点だけは落ちこぼしている。ただ、それよりひどい落ちこぼれが下にたくさんあるから、こういう落ちこぼれのことを優等生と呼ぶのである努力しているものに向かって、すこしでも間違えたら、それだけをとりあげて失点を強調し、いう温かい言葉を忘れているのが満点主義である。非人間的だ。よくやったと人に仕事を頼むとする。いついつまでに百ページの本を翻訳してもらうことにしたとしよう。頼まれた人がいっしょうけんめい仕事をしたにもかかわらず、約束の日になっても八十ページしかできなかったとする。