幼児にとって遊びは学び遊んでばかりいないで少しは勉強しなさい!

子どもの大切なおもちゃを壊してしまったと親が子に謝るべきタイミングは日常にいくらでもあると思います

育てを実践してください
「こんにちははじめまして」「はじめまして!」「お名前は?」「わたし、ちなつといいます。小学4年生です」そう、ぼくは君のお父さんと一緒に働いているんだよ。君のお父さんはとっても頼りがいがあってね、この間なんか……」そんなふうに展開するそうです。娘さんはその話を聞いたり、に、衣装を着替えて歌ったりもするそうです。友人のお子さんと遊んだり。盛り上げるためその男性は言います。

されたほうはいじめだと感じてしまうことも多いのですですから子どもには

「友人を招くと、ふだんは見えない子どもの外面が見られるんだよね。『よその人に、しっかりあいさつできるんだな』とか、『こいつ、友だち作るセンス抜群!』とかね。それから、前もって友人と口裏合わせておくの.『お互いの、かっこいいところを伝え合おうな』って。すると帰った後、おれを見る目が違う」思いっきり自分の本領を親にとっても嬉しいですが、発揮できるからです。ちゃっかりさんはもっと嬉しいでしょう。自分のギャグを聞いてもらえる。

 

教育をしてくれたような気がする人にはやさしい心をもって接するように

ケチをつけるだけでなく、自分でもらった勲章をわざわざ返す人もある。ずいぶんヒネクレた性格に生まれついたものだ。すこしくらい気に食わぬ知り合いからでも、お中元を送ってきたら、受け取っておくのが常識である。項くわけにはいきませんと突き返したらどうなるかわからぬ人は一度実験してみるとよい勲章をもらわなくたって、えらい人はえらい。それはわかっているが、勲章をもらったからといって別に人間の価値が下がるわけでもない。

小さいときからこの形式の会話に慣らされた幼児は
断わったからといって人間の値打ちが上がるわけでもない上がると思って返すのだったら、おあいにくさま。自己顕示欲のつよいひねくれものよ、と世間は一笑するだけである老人の勲章のことはそれくらいにして本題に入る。学校でも勲章を出したらどうか、大人だって、あんなに喜ぶ勲章、こどもにも分け与えてやらなくてはかわいそうと言いたいのであるわれわれの小学校のころは、卒業式、終業式にはホウビをもらった。勉強ができなくても、休まなければ皆勤賞、欠席がすくなければ精勤賞がもらえた。ホウビといっても、粗末なノート一冊、賞という紙が巻いてあるだけそれが実にうれしい。

 

育て全般にとっておさえるべき重要なポイントでもあります

顕著な人になると、驚いたように目を見開き「頭に電気が走った」と表現する人までいます。そうした人に、人との触れ合いの度合いを聞くと、極端に少ない人ばかりです。電気が走ったと言った人は、年単位で誰かに触れた覚えが無いと言っていました。昔前は会社などでのコミュニケーションとして、スキンシップが大切だと言われていましたが、セクハラと言う言葉の登場で、スキンシップは今や御法度となってしまい、社会で他人と触れ合える機会が極端に減ってしまいました。それは家庭にも及び、父親が下手に娘を触ればセクハラ扱いされ、セクハラ扱いされる事を恐れて娘を触るのを躊躇う父親も見かけます。

育児してきましたが

次に、相手の目を見て「久しぶり」と言って、その時の感想を聞きます。次に、相手の目を見ながら「久しぶり」と言う声に合わせて、相手の手を強く握り締めます。目を見ずに「久しぶり」と言うのは聴覚だけの刺激で、目を見て「久しぶり」と言うのは聴覚と視覚による刺激です。手を握りながら「久しぶり」と言うのは聴覚、視覚、触覚を使った刺激なのです。聴覚と視覚だけで「久しぶり」と言っても、然程心に変化はありませんが、目を見ながら手を握って「久しぶり」と言うと、殆どの人の表情が変わります。