幼児たちが安心できる環境を整える事を私は包むと呼び

子どもを割り込ませるのは

子:ずっと、つばさを動かし続けたらくたびれちゃうもんね!空は青いの?父:空の青さは、もともと太陽の光なんだ。子:太陽の光は青いの?父:太陽の光には、いろんな色がまじっているよ。赤、橙、黄、緑、子:でも、僕には見えないよ。父:色は混じると、違う色になるよね。この7色がぜんぶまじると、子:透明!だから、僕には見えないのかぁ。、ぜんぶで7色あるんだ。透明になっちやうんだ。子:お天気がいいときは真っ赤になるよ。父:太陽の7色の光が地球の方へやってくると、地球の周りにある空気の中でぶつかってはねかえっちゃう。どれくらいはねかえるかは、色にもよって違うし、空気の厚さがどれくらいかでも違うんだ。今度は、やってくる。この時、一番多くやってくる色が空の色になるんだ。昼間は青色が番たくさんやってくるから、空が青く見える。

  • 幼児にどんな風になってほしいのか?
  • 教育の足場を作ってきましたところが
  • 幼児に守らせるのはむずかしいチャイムが何度も鳴れば悪いなという気になって応答し

子どもたちは覚まい

サインは一見、ネガティブな形で表れます。ですからつい叱りたくなりますが、叱ることでサインを否定す子どものストレスは出口をなくしてどんどんふくらみ、子どもの健康を損なってしまいます。叱る前に一呼吸おいて、いと思います「どうしてこの子はこんなことをしたのかな」と考える習慣をもっていただくとい子どもが嘘をつくのは大人の責任今までにたくさんの「嘘をついてしまう子ども」に出会ってきました。ぼくも若い頃は嘘をつかれたことに腹が立ち、どなっていたことも多くありました。なんで嘘をついたのかそんな対応をして子どもの嘘が改善されていったことはありま徹底的に話をしたこともありました。せんでした。
子どもの心の成長のためにも
そんなある時、本でこのようなフレーズに出合いました。「人間はどんな時でも最善を尽くしている」そうなんです。嘘をつく子どもにとって、その瞬間は嘘をつくことが最善なんです。子どもが嘘をついた時、「嘘をつくことはダメ」ということは絶対に言わなければいけませんが、をついたの?」という言い方はよくありません。「なんで」と聞かれても、問題から逃げたいからであって、きちんと説明できるものではありません。子育ては面白いですよ

自信が強くなってきていることがよくわかり自発性の発達している幼児が

かけ算の文章題なら、問題に出る二つの数字をかければ答えが出るような感じです。少し勘のいい子なら、そのコツを体得するだけで器用に点が取れてしまうので、親も本人も「勉強ができる」と思い込んでしまいます。ところが、実際には本質を理解していないので、中学校に入って「コツ」が通用しなくなったとたん、小学校の時のように点は取れません。当然、本人も親御さんも混乱し、不安になります。でも、焦ることはありません。ただ、「本当は勉強ができていたわけではなかった」という現実はしっかり受け止めてもらわなくてはいけません。子育ては面白いですよ

子育ては面白いですよ

ぼくは「この子は実は勉強ができていなかった子だな」と思ったら、まず親御さんと話をします。というのは、考える習慣が身についてこなかった子を考えさせるようにするにはけっこう時間がかかるからです。親御さんには、一回二回のテストの点に動揺せず、ゆったり構えて待つぐらいの姿勢でいてもらう必要があります。ですから「今まで点数が取れていたのはこういうことで、実際には問題の本質まで考えられていませんでした。少し時間がかかるかもしれませんが、考えて問題が解けるようにしていきますので、あたたかく見守ってあげてください」とお話しします。