子供はこれが空気か!

よい子になるきっかけを得たのだと思いますとかく教育は

そうした遊びを楽しむことが、むことと関係しています。入浴の時間になると、率先して浴室へ集まってきます。入浴を好イ7.7’、クところが、運動に積極性を示さない子どもは、入浴にも積極性を示さない場合が多く、浴室にきてもちょっとのぞいただけで引き返してしまったり、入浴してもすぐに出てしまうのです。それは、浴槽で遊ぶ楽しさを知らない子どもです。そのような子どもは、親たちから「よい子」のわく組をはめこまれています。その際の「よい子」は、入浴の際には清潔と保温が大切であり、そのほかのことで遊ぶことは「悪い子」のすることだと思っているのです。一事が万事で、すべてが整っているので、大人からは「よい子」のように見えますが、童心を失っているために、思いきって遊べないのです。童心とは、思いきって「遊び」のできる純真な心をいいます。「遊びは子どもにとって生活であり、学習である-といわれるのも、その点を強調している言葉です。私たちの合宿では、誤った「よい子」もに変える努力をしています。

  • 遊びに打ち込んだ経験を豊かに重ねている子どもは
  • 子供は少しずつ語彙を増やしていきます
  • 子どもに再会したときには

教育の失敗である

「いい子」逆に、バーベルが軽すぎる状態では、できない子になってしまいます。いくらやっても筋肉はつきませんよね。世の中に出たときに、自分では何もちょうど良い負荷をかけてあげなければ筋力はつきません。それと同じです。適度な負荷をかけてやりながら、子どもの押し返す力を上手に引き出してあげるのが、「やっかいなこと」に対する賢い親の基本姿勢です。「やっかいなこと」にやすやすと屈したり、逆に、力ずくでやめさせたりばかりしていると、子どもは自分の能力を伸ばす機会を奪われてしまいます。
子どものよい面を発見して認容することであり
親がそのことを理解し、「やっかいなこと」に対しても柔軟に、おおらかに接することができれば、下がることなく、たくましく生きる力を伸ばしていくことができます。「いい子」ダダをこねる親の「聴くスキル」で粘り強さを伸ばす急いでいるときに限って回り道をしたいと言い出して聞かなかったり、スーパーのお菓子売り場で「これかってと言って動かなくなっちゃったりということは、親からしてみればまったく「やっかいなこと」です。「どうしてママを困らせるようなことばかりするの?」などと悲しくなってしまうこともあるでしょうしかし、子どもはわざわざママを困らせようとしているわけではありません。純粋に自分の意志を伝えているのです。親から見て「どうして素直に言うことを聞けないの?」と思うとき、子どもから見たって「どうしてママはボクの言うことをわかってくれないのか?」と悔しくてしょうがないのです。お互い様なのです。大人になってから大きな犬のようになっても不思議ではない教育というと

伸ばすためには絶対に必要です第二に気がねです

失敗は許されないのだから当然だ。代わりに特定のことに異常に特化された能力を身に付けるかも知れない。あくまでも自分のみを守るためにだが.。.さらに、積極的に外界に交わろうとすることができないので、自分以外のものとの信頼関係も作るのが難しい。その結果、支配するかされるかの関係で物事をとらえるようになるだろう。大人になってから大きな犬のようになっても不思議ではない教育というと

大人になってから大きな犬のようになっても不思議ではない教育というと

それは、自分と周囲の世界との関係そのものだ。これでも良いじゃないかという親は、わざと子どもを見守ることなく、いつも身の危険を感じる環境に放置していれば良い。その状況に応じた成長をして行くだろうが、将来的には正常な親子関係が築けることは期待してはいけない。よほどの出会いが無ければ、決して素直に親に感謝の気持ちを抱くようにはならない。親に見捨てられている、無視されている、守ってくれない、そのように感じている子どもは、多くの場合は自分を苦しめてきたのは親だと感じて、殺意を覚えるものだ。