子どもが楽しいまた手に取りたくなることが一番大切です

幼児の脳に対しては

幼児同士でもっと遊ばせましょう乳幼児期には時期尚早なものも少子化にもかかわらず
子:僕も、ママの卵と、お父さんの赤ちゃんのもとが出会ってできたんだよね。父:そうだよ。卵と赤ちゃんのもとが奇跡的に出会って生まれたんだよ。子:卵と赤ちゃんのもとが出会った後はどうなるの?父:その2つが合わさると、ママのお腹の専用の部屋で栄養をとりながら、ちょっとずつ大きくなっていくよ。外に出られるようになるまでね。子:専用のお部屋の中で、赤ちゃんはどうやってご飯を食べてるの?赤ちゃんになることができるんだ。父:ママのお腹の中と赤ちゃんのおへそがくっついて、そこから栄養を送っているんだ。

育てているのであるだから

そして、そのお部屋から外に出るための道を通って、外に出てくるんだよ。子:その道はどこにあるの?父:ママの右足と左足の付け根のところに、その道の出口があるんだ。でも、この出口はとっても大切なところなので、子供には見せられないし、普段は見れないんだよ。ギ人間はいったいどこからやってきたの?※有神論者·無神論者、各自の宗教観もあります。一つの見解だと考えてください。父:難しい質問だね。もともと地球が誕生した時には、人間はいなかったんだよ。

 

幼児を守り養い育てる為に

オレンジゼリーだったり、シャキシャキサラダだったり。いつぞやは「今日は何もなくて」とお弁当のおかずをわけてくれました。人の笑顔がバイタリティ!それが、ほっこりこのタイプをやる気にするには、rうきうき作戦が一番です。er嬉しいな」何かしてもらったら、1メッセージで応えましょう。「(わたしは)と主語を自分にするだけです。

子どもにさえしておけば
「またしてぁ「(あなたは)げよ!」と、えらいね」というYOUメッセージより、次のやる気につながります。すとんとストレートに響きます。rしてもらえると助かるな」「次のではなく、「今のやる気に効果があるのがこちら。電話の間だけ、妹あやしてもらえると助かるな」など。これも1メッセージです。rooさんが喜ぶね」誰かを喜ばせたいという、このタイプ持ち前の精神をくすぐる言い回しです。先生がびっくりしちゃうね!」など。

 

幼児が家に帰って来たら

愛を愛だけで論じることはできません。戦争などで自分の身に危険が迫った時には、積極的に敵にダメージを与えねばなりません。人の脳は愛を求めるようにできている一方、憎しみを燃やして自らの個体を保存するようにもつくられているのです。人には、憎しみや怒りをつかさどる本能もあるのです。このようなわけから、家庭だけでなく社会や世界の環境もよくなければ、人間は幸福にはなれません。

幼児はその年齢が低ければ低いほど

そのこころの淋しさを癒すのは、何といっても家族への思いやり、膚にふれるようなかかわり合いなのです。この淋しさを家族が癒すことは育つ時に最も大切なのですが、大人になってからでも同じように幸福にとって大切なことなのです。そして、家族がまったく一人もいない人は、親しい友人などと家族のようなつき合いをすることがよいのです。家庭は製造所以上は、人間が幸福になるために必要な育児のあり方について述べたのですが、人間の幸福が育児の問題だけではすまされないことは当然です。極端なことを言えば、幸福になれるように育児をしたのに、長じて大人になるや戦争にかり出されて、戦場で傷ついたり死んだり、人を殺したりすることだってあり得るのです。