きちっまかせておくその結果幼児は

幼児にカギを持たせることに

幼児はいはるかにじょうずでしたそれでも
「あげなくても、勝手にお菓子を出して食べてしまう」というお母さんもいるお菓子を買ってこなければいいのです。お母さんは大変だと思いますが、かもしれませんが、これも簡単なことで、これを実行するしばらくのあいだは、でほしいと思います。子どもの健康のためには食事から必要な栄養をとる習慣を身につけさせることが必須で、いまががんばりどき。毅然とした態度で、食生活の改善にとり組んお菓子を買ったり、与えるのをやめて食習慣を変えれば、食事をとるはずプリンやクッキーなどの甘いお菓子をひんぱんに食べていると、おなかがすかないためにごはんを食べられなくなります。きちんと食事をとる子になってほしいなら、お母さんが意識して、食生活や食習慣を変えていくことが必まず、お菓子は買わない、与えないと決めて、しっかり守ることから始めましょう。

育てにくい現状があるのです保育や

子どもが食事時間以外におなかがすいたと言ってきたときは、するめなどかみごたえのあるものや、おにぎり、乳製品など栄養のあるものを食べさせます。するめなどをよくかむと満腹感を得られやすいですし、おにぎりや乳製品は栄養価も高く、適度に腹もちもいいので、間食として与えても食事時間にはちょうどよく空腹になるはずです。最初はお菓子をほしがって泣〈かもしれませんが、おなかがすいてもほかに何もなければ、だんだん食べるようになっていきますよ。食べたり食べなかったりムラが激しいです食べムラが激しく、好きなものはよく食べるのですが、メニューに嫌いなものが入っていたりすると、ほとんど手をつけません。また、日によっても食べたり食べなかったり。

 

自分たちで遊び方やルールも考えなければなりませんまさに自分たちで遊びをクリエイトするこういう経験をたくさんすると子どもは

満点主義をすてて零点主義に立つのだ。学習の評価の基点を零点におく。何も知らないからこそ勉強する。すべての学習はゼロから出発するのである努力によって零点から何点上がったかをはっきりさせるのがテストのはず。百点満点で11点の答案でも、とにかく十点だけはできたのである。もっととればそれに越したことはないが、完全にゼロとは違う。そこを買ってやらなくてはかわいそうだ。

幼児を叱ることによって
零点を基準にすれば、落ちこぼれることはあり得ない。零点以下はないから、いくらできなくても出発点にはいる。すこしでも進んだら、それを認めてやる。そうすれば、すべての生徒がほめられる可能性をもつ。君はいつもテストで14点しかとれない。

 

子どももいて

ものに溢れ、お金に依存して、自由に考える知性を養えなかったら、そう言う幸せは味わいようがない。勉強は大切、でも必要以上にしなくても良い子どもの知能を伸ばそうとする働きかけが多くなってしまうが、人は頭を使い続けることが良いのだと信じているだけだ。決して私は学力至上主義でも学歴至上主義でもない。どうしても、私の職歴の関係で、ただ、人間らしくあるためには、ただ、学力至上主義ではないが、学校の勉強は大切だと思う。特に中学生までの義務教育の内容については絶対だ。

子どもに約束を守ることを教えたいのなら

工作が好きになると、ただのごみがごみには見えなくなっていく。それはそれで面倒なことになるのだが、子どもの頭の中ではいつでも、目の前にあるものが何に化けることが出来るだろうと考えずにはおれなくなる。そうなれば、いちいち暇つぶしにおもちゃが欲しいとかゲームがしたいとか考えることもない。頭の中に描いた想像を形にするための時間と道具と材料があればそれで+かなのだから。このように子どもを育てることが出来れば、子どもが将来幸せになれるかどうかで悩むことはなくなりそうな気がしないか?お金もものもほとんど必要がないただ、自由に考えることが出来るだけで、人は幸せになれるのだ。