お友だちと遊ぶことはなかなかできないのですこのような子どもは

幼児がいないので遊び相手は大人ばかりです3才

お互いに言葉があまり分からない同士の会話は、日本語と英語の単語とジェスチャーだけしかありません。お互いにそんな事を繰り返していると、お互いがお互いを理解する気持ちが必要だと分かるのです。確かにコミュニケーションには言葉も必要ですが、最も大切な事は伝えようとする気持ちと、理解しようとする気持ちなのです。一緒に生活していた外国人に、お互いに言葉が通じるようになってから「何が一番分からなかった?」と聞いた時「貴方の英語」と言われました。因みにその外国人(嫁)は、日本語を全く知らない時に一番分かりやすかったのは、一生懸命身振り手振りを交えて話す日本語だったそうです。育児はサマーキャンプで行われます恐らく言葉とは、それを伝える道具の一つに過ぎないのでしょう。親が子供に分からない事を質問しながら話を聞くと、子供は一生懸命伝えようとします。その一生懸命伝えようとする気持ちが、コミュニケーションでは最も大切な事なのです。それは、子どもの単語だけの会話を親が察して理解している限り身に付く物ではありません。子供のコミュニケーション能力を高めようとするなら.意見の一致を目指すより認め合う事インターネットの掲示板で行われている論議を見ていると、参加者は意見の一致に向かって論議が進みます。

  • 子供との話が弾むいくつかのテクニックについてお話していきます
  • 幼児たちを救うために努力をしてほしいのですもちろん
  • 幼児にとって受け入れられる範囲の話や交渉をして

伸びていく可能性がありますから

人間の太古の記憶が蘇るからかも知れない。生き物との接点を作るために、心の中で手を合わせながら、虫網を振り回していた。楽しんで虫を捕まえることは命をもてあそぶことだと、先に書いていたことに矛盾すると言われそうだが、捕まえた虫は図鑑で調べたりして、飼い方や特徴を子どもに聞かせる。ただ、必要以上には捕まえさせることはなかった。また、直ぐに死んでしまう虫は、観察をした後は逃がしてやるようにした。
子どもの脳には自分はかわいそうな子という刺激が入り
長く生きられる虫の場合は、毎日世話をして日々の様子をよく観察させる。また、図らずも虫かごの中で死んでしまった虫は、土に埋めさせた。捕まえてみたい虫があれば、図鑑で生態を調べたりして、その虫がいそうなところに出かけて見たりする。そうすることで、この世界にはいろいろな顔があることも分かってくる。アスファルトでおおわれた町の中では、蝶やセミ、バッタ程度の虫しかいないが、森に入ると自分が探している虫以外にも、いろいろな生き物が目に入る。いつもお母さんの望むよい子でなければならないと思い込まされている幼児です

低学年以下の子どもは

どんなに泣きわめいても、子どもは必ず落ち着きます。1時間かかるかもしれません。2時間かかるかもしれません。でも必ず子どもは落ち着きます。それまでじっと待っていてほしいのです。交換条件を提案するのではありません。なだめたりするのでもありません。いつもお母さんの望むよい子でなければならないと思い込まされている幼児です

いつもお母さんの望むよい子でなければならないと思い込まされている幼児です

怒って強制的に辞めさせるのでもありません。親は何もせず、子どもが自外から落ち着けるのを待つのです。そして、子どもが落ち着いて冷静になった時、満面の笑みでこう言ってください。「自外で落ち着けたんだね。偉かったね、」って。私はこれを「Noの徹底」と言っていますが、この「Noの徹底」は、間違いなく「否定」です。ですからNoを徹底して終わるのではいけません。